兵庫県三木市にある、「weed ハイラックスサーフ専門店」で購入しました。

この車は昔から気になっていた車で、ある程度の車を乗り継いできたので、今回は「面白い車に乗りたい!」と言う事で、

  • デリカの改造車
  • ハイラックスサーフの改造車
  • ランクルの改造車

出悩みに悩んで、一番最初に見に行った車屋さんが、「weed」さんで、5分後には、テーブルで購入の書類を書き始めてました(笑)

なぜ、ハイラックスサーフ185!

この車は、エンジンが強い、次にランクルほど値段が高くないので、山などを走りぶつけたりぐちゃぐちゃになってもそれほどパンチは効かない。

ランクルの場合は、すべてが効果なので、ぶつけるとショックが大きい。

デリカ、で現行でこの手の車でやばい車は、デリカ。半端ないポテンシャルを持っている。

が、買わなかった理由。

ます、かわいくない。カラーを変えたとしても現代色が強く、古いもの好きの僕としては全然パンチが来なかった。

「weed」さんにも展示されていたのだけど、今日にはわかなかった。修理などの問題に関しては、デリカが圧倒的に強いが、

やはり、かわいい車がいい。

カーセンサー様から引用

めちゃめちゃかわいいですよね。

ハイラックスサーフはこの車を真似したんじゃないの?というレベルです。

同じ会社で、ランクルの下位と言う扱いなのか、エンジンのサイズも全然違います。ランクル60:4000CC・ハイラックスサーフ185:2700CC。

税金も安い(笑)

購入に至った、一番の理由は、

ハイラックスサーフの専門店であること

旧車はどうしても故障がつきまというます。昔のSUVなので、そこまでエンジン関係の故障はしないと思いますが電気系統は、どうしても弱くなります。

電気部分に関しては、経年劣化(特にゴムの部分や溶接部分)が劣化によりショートして、動かなくなります。

「外車はよく壊れる、日本の車は故障が少ない」とよく言われると思いますが、実は、この部分が大きくかかわっています。

夏は、40度近くなり、冬は-20度ぐらいになり、湿気はバカみたいに高くなるが、乾燥する時はバカみたいに乾燥する。さらに梅雨があり、台風が多い。

こんな住みにくい国ありますか?

壊れる原因

  • 外国の車のゴムがこの湿気に弱いと言われている
  • また、国土の小さい日本の車の走行事情が海外の車に合っていない

と言われています。

日本の古い車も一緒で、

20年前の気候と現代の気候では全く違い、いまや「日本の都会は砂漠よりも暑い」

と言われています。

現代のレベルまでの耐久性が対応できていないのもあります。

ランクルではなくて、ハイラックスサーフにした理由

最終的には、専門店でメンテナンスを受けれるというところです。

もし、近くにランクルの専門店があれば、そこで買っていたかもしれません。

厩舎の楽しみ方は、人それぞれで、

「車を見ながら酒を飲む」人や、ゆっくる乗り回す人などもいます。

皆さんも楽しい車に乗ってみてください!

移動手段だけでは、ないんだな!となると思います!

最後は、現行のハイラックスサーフ

これもまたかっこいい!